NEWS ニュース

TOP > NEWS > Watergen導入事例 – ハリケーン災害支援(アメリカ)

NEWS

2019.07.18

Watergen導入事例 – ハリケーン災害支援(アメリカ)

 Watergenとは

イスラエルに拠点を置くWatergen(ウォータージェン)は、空気から水を作るソリューションを開発。

 導入事例

Watergenは、アメリカのハリケーン被害者に清潔で安全な飲料水を提供するため、アメリカ赤十字社やFEMAと協力。
複数台の大規模装置とGen-350を提供。(2017-2018)

・ハリケーン「Hervey」(テキサス州)
このハリケーンによるテキサスの降雨量27兆ガロン以上。大西洋で発生したハリケーンとして観測史上最大。

・ハリケーン「Irma」(フロリダ州)
家々の屋根は剥ぎ取られ、沿岸部では洪水が発生。680万人以上への電力供給がストップ。

Hurricanes USA 2

Hurricanes USA 1

 

Watergenは、このような緊急事態や自然災害の現場でも、清潔・新鮮な水飲料水を提供することが可能です。

largescale 350 erv

大規模装置・中規模装置(Gen-350)・緊急対応車の製品詳細はこちら

Watergenに関するお問い合わせはこちら

※日本イスラエル総合研究所は、日本国内における販売ライセンス提供を行っております。

 

  • カテゴリー: NEWS
facebook ツイート Linkedin ページをブックマークして共有する LINEで送る

single-news.php