COLUMN Reika Kikuchi
COLUMN

Reika Kikuchi

2019年01月28日掲載

イスラエルの国旗

以前、国歌のことを書いたので今回は国旗について。

イスラエルの国旗は、白抜きの背景に、中央にダビデの星と呼ばれる紺青色の六芒星、上下の辺に同じく紺青色の帯、の図柄です。上下の帯は、ユダヤ教の男性が礼拝の際に用いるタリットと呼ばれる肩掛けの帯を表しています。
現在、この六芒星はユダヤのシンボルとして色々なところで使われていますが、これがユダヤのシンボルとなったのは数百年前のことらしいです。

ところで、ちょっとややこしい話ですが、この六芒星をユダヤのシンボルとしての文脈で使うとき、一般的には「ダビデの星」と呼ぶことが多いのですが、ユダヤ人はこれをヘブライ語で、「マゲンダビドmagen david מַגֵּן דָּוִד」と呼びます。(イスラエルに旅行することがあったら、星を指さして「マゲンダビドだね」と言ってみてください。「おっ?」という顔をされ喜ばれます。)このヘブライ語の直訳は、「ダビデの盾」とか「ダビデの守り」です。さて、この「マゲン」、ユダヤ人にとっては実は重要な意味を持つものです。

ヘブライ語で「マゲン」は、何かを守るためのカバーとか壁とか、はたまた防御そのものを指す言葉ですが、古くは旧約聖書に登場し、非常に重要な言葉です。
旧約聖書の創世記15章には、アブラハムが神と約束を交わした際に、「アブラハムよ、恐れるな、私は汝の盾(マゲン)である。」と言われたという記述があります。同じく旧約聖書の詩編にも、ダビデ王が神のことを、「神のみが我々の助けであり我々を守るもの(マゲン)である」と繰り返し賛美している箇所があります。

こんな具合に、ユダヤ人にとってのダビデの星は、旧約聖書から受け継がれる、神がユダヤ人を守っていることを象徴するシンボルなのです。

余談ですが、イスラエルの救急車は、「マゲンダビド・アドム」と呼ばれます。「アドム」は血液とか赤色のことを指し、イスラエルの救急車のマークは、ご想像のとおり、ダビデの星の赤色バージョン、というわけです。救急車に乗っている病人を神が守ってくれるようにという願いが込められて名付けられたのでしょうね。

菊地鈴華

大阪府生まれ、聖心女子学院高等学校卒、京都大学法学部、京都大学大学院法学研究科民刑事法専攻修了、テルアビブ大学ロースクールLL.M(知的財産法専攻)修了。広範な法人取引や商業取引において豊富な経験を有する日本の弁護士。インバウンド/アウトバウンド投資、国際貿易および紛争解決に関する問題に関して、世界中の多様な地域の顧客を支援。イスラエルに3年、エジプトに2年間拠点を置き、中東諸国の国境を越えたプロジェクトに携わる。現在は小笠原六川国際総合法律事務所でパートナー弁護士。

コメントは受け付けていません。

single-column.php