COLUMN Reika Kikuchi
COLUMN

Reika Kikuchi

2018年11月30日掲載

イスラエルの国歌

「イスラエルのもので何が好きですか」と問われた場合、私が必ずあげるものの一つに、イスラエルの国歌「ハ・ティクバ」があります。

そのメロディは、よく、スメタナの交響曲モルダウに似ていると言われますが(実際かなり似ていると思います。)、作曲したのは、ナフタリ・ヘルツ・インバルという人物です。

インバルは、イスラエルのワイナリーを渡り歩いてジプシーのような暮らしをしていた詩人・芸術家でした。相当な酒豪(酒乱?)だったそうで、彼がある夜酔ってぽっと書いたのが、ハ・ティクバだと言われています。

それはさておき・・・。

ティクバはヘブライ語で「希望」を意味しますが、ハ・ティクバの歌詞で歌われている希望とは、実は、「自分たちの国を得ていつか自由な民となる」という希望なのです。2千年もの間流浪の民としてさまよい迫害を受けてきたユダヤ人たちの切望を歌にしたのがこのハ・ティクバです。

国歌

1948年に独立国家を建設し、自分たちの国を得て何十年もたった今、このような「いつか自由の民となろう」という希望を国家として歌い続けることについては、イスラエルにおいても賛否両論があるようです。

政治的思想から君が代を歌うことを拒否する人々がいる我が国とは違い、イスラエルでは国歌が嫌がって歌わない人はいないようですが、「この歌詞は、なんだか(古い)な~」という気持ち以上の複雑な気持を抱いている人々も、実はいるらしい、です。

はつらつとした(大げさな)マーチ調の国歌が世界中に多い中、そういうタイプの曲を国歌にしていない点でイスラエルは日本と似ていますが、国歌の歌詞に対して複雑な気持ちを持っている人が存在する点でも似ていますね。

ハ・ティクバを聞いてみたい方はYouTubeでHaTikvaで探してみてください、たくさん出てきますので。

◆バーバラ・ストライザンドのバージョンはこちら↓

◆イスラエルの国民的歌手リタのバージョンはこちら↓

菊地鈴華

大阪府生まれ、聖心女子学院高等学校卒、京都大学法学部、京都大学大学院法学研究科民刑事法専攻修了、テルアビブ大学ロースクールLL.M(知的財産法専攻)修了。広範な法人取引や商業取引において豊富な経験を有する日本の弁護士。インバウンド/アウトバウンド投資、国際貿易および紛争解決に関する問題に関して、世界中の多様な地域の顧客を支援。イスラエルに3年、エジプトに2年間拠点を置き、中東諸国の国境を越えたプロジェクトに携わる。現在は小笠原六川国際総合法律事務所でパートナー弁護士。

コメントは受け付けていません。

single-column.php