Paygilant

TOP > PARTNERS > Paygilant

モバイル決済詐欺防止ソリューション
6つの特許技術で、
決済時の詐欺的行為を検出・防止

ECサイト、決済プロバイダー、クレジットカード発行会社向けにカスタマイズされたサイバーセキュリティ決済ソリューション。 AI、機械学習、アルゴリズム処理、およびビッグデータマイニングにより、取引詐欺に関連するリスクを排除する。

Paygilantとは

銀行やEC事業者などモバイル決済サービスを提供する企業向けの、アカウントのなりすましや決済における詐欺を防止するサービス。 特許を取得した6つの不正検知技術により、取引の不正をミリ秒単位で検知する。ユーザ行動分析、端末の識別、取引分析、ヒトとヒト以外の活動分析などを含み、複数のデータレイヤーで動作することで、従来のパスワードやPINコード、ショートメッセージを通じた認証から、シームレスな認証に転換。
また、取引のリスクレベルをリアルタイムで提供することが可能。

あらゆる不正行為への対応

正当な顧客をシームレスに認証し、
あらゆる不正行為の種類に対応します。

新規アカウント詐欺

新規アカウント
の詐欺

アカウントテイクオーバー

アカウント
テイクオーバー
(なりすまし)

取引詐欺

取引詐欺

様々な分野をカバー

Paygilantは、複数の業界に対応した包括的なモバイルおよび
web不正検知・防止ソリューションを提供。

金融機関

金融機関

チャレンジャー銀行

チャレンジャー銀行

加盟店

加盟店

電子ウォレット

電子ウォレット

暗号通貨

暗号通貨

特許済みの6つの不正検知技術

6つの別々のリスク情報を統合して分析することで、
モバイルベースの取引が正当なものか不正なものかを高い確率で判断し、
ユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる。

ユーザースペース

ユーザーの環境を測定して、デバイスが詐欺師または合法的な顧客によって使用されているかを判断する。
ユーザー/アカウントの履歴が確立されていない新規アカウントの作成など、分析が難しいシナリオで特に役立ちます。

アプリインサイト

ユーザーがどのようにモバイルアプリケーションを使用しているか、それが正規のユーザーと一致しているかどうかを判断する。
たとえば、ユーザーが高額商品に直接ナビゲートしてすぐにチェックアウトに進むと、詐欺が起きている可能性を示唆しています。

バイオマーカー

圧力、スクロール、動き、追加の生理特性に基づいて行動的生体認証プロファイルが作成される。
主に、タッチ時間、タッチ中の時間、タッチ入力のサイズ、指の速度、スクロール速度とドラッグの長さ、バイオメトリクスの入力など。

デバイス固有の識別子

デバイスで観察されたさまざまな属性は、不正行為の検出およびデバイスIDの導出に貢献する可能性があります。
デバイスモデル、画面、メモリ、UUID、OS、IP、位置情報、アプリのアクセス許可などが観察されます。

取引履歴

ユーザーの取引活動や消費習慣を分析する行動マップ技術。行動マップは、特定の顧客と近しい属性の人の購買パターン/行動を表し、 Paygilantの独自の機械学習アルゴリズムを使用して作成されます。

活動マップ

アプリケーションとのユニークな個別のやりとりを構築し、それを模倣しようとする詐欺の試みを破棄しながら、 シームレスにユーザーを認証する。

当研究所は、Paygilant社と提携しております。
サービス・ご契約に関するご質問は、お気軽にお問い合わせください。

facebook ツイート Linkedin ページをブックマークして共有する LINEで送る