データ損失防止(DLP)
ソリューション

TOP > PARTNERS > データ損失防止(DLP)ソリューション

データ損失防止(DLP)ソリューション

内部不正と外部攻撃から
データを保護

内部要因(社内従業員)と外部要因(外部攻撃者)の脅威から
自動的に保護するデータ損失防止(DLP)ソリューション。
AI、行動分析、および欺瞞技術を使用し、2つの攻撃ベクトルを区別して、
自動的に処理。
わずか2時間で導入が可能です。

企業の情報漏えいの原因は
内部要因と外部要因

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると
情報漏洩の原因は、サイバー攻撃などの外部要因のみならず
7割以上は内的要因が占めているという調査結果もあります
データ損失防止(DLP)ソリューション
内部要因での漏えい

誤操作 / 紛失 / 不正行為 など

データ損失防止(DLP)ソリューション
外部要因での漏えい

マルウェア / 不正アクセス /
サイバー攻撃 など

企業はサイバー攻撃など
外部からの
セキュリティ対策だけはなく

内部要因による
情報漏えい対策も必要!

内部要因と外部要因の
両方に対応

内部および外部の脅威から自動的に保護するデータ損失防止(DLP)ソリューション

AI、行動分析、
および欺瞞技術を使用し
2つの攻撃ベクトルを
区別して、自動的に処理

データ損失防止(DLP)ソリューション
内部要因
データ損失防止(DLP)ソリューション 社内従業員
社内従業員

意図的または意図せずにデータを
悪用、公開、または害した組織内の従業員

異常な動作を検出し、リスクレベルを計算してアクティビティを自動的にブロックしたり、従業員が重要なデータを適切な注意を払って処理できるようにトレーニング・権限を与える。

外部要因
データ損失防止(DLP)ソリューション 外部攻撃者
外部攻撃者

データを盗んだり攻撃するために
従業員のネットワーク端末を
利用した組織外の誰か

侵害されたネットワーク端末を自動的にブロックして分離し、データの漏えい後もセキュリティ部門に重要なフォレンジック情報を提供。

導入・資料請求・
お見積りについての
ご相談はこちら

仕組み

データ損失防止(DLP)ソリューション ヴァーチャルファイルの設置
01
ヴァーチャルファイルの
設置

重要なデータを格納しているフォルダに本物のファイルと区別の付かないヴァーチャルファイルを設置。
フォルダがどれくらい社員からアクセスされるのかモニタリングし、ヒートマップを作成してアクセス頻度の高いフォルダの中には自動的に多くのヴァーチャルファイルを設置する。

データ損失防止(DLP)ソリューション ポップアップメッセージの表示
02
ポップアップメッセージ
の表示

悪意があるか無いかにかかわらず、そのヴァーチャルファイルにアクセスしたらポップアップメッセージを表示させ、それ以降24時間の当該ユーザーの操作ログを取得する。

データ損失防止(DLP)ソリューション ポップアップメッセージの表示
データ損失防止(DLP)ソリューション 操作ログの取得
03
操作ログの取得

悪意のあるユーザがメッセージを見て操作を継続した場合は、そのユーザーの操作ログは証拠として取得される。
ユーザーに悪意が無く、偶然フォルダやデータに触った場合は、この警告を見て間違いに気付き、以降はそのフォルダに触れないようになる。
仮に、悪意の下で不正にデータを取得しようとした場合でも、この警告メッセージを見ればそれ以上の操作を諦めるケースが多い。

特長

クラウド・オンプレミス
データ損失防止(DLP)ソリューション クラウド・オンプレミス

オンプレミスとクラウドですべての用途を可視化。
エンドポイントエージェントとインラインは不要。

2時間で導入可能
データ損失防止(DLP)ソリューション 2時間で導入可能

クラウドの場合、およそ2時間で
セットアップが完了。

24時間365日監視
データ損失防止(DLP)ソリューション 24時間365日監視

重要なデータは会社の枠を超えて
データを管理・監視しています。
外部利用された場合はGPSで通知される。

従業員の生産性
データ損失防止(DLP)ソリューション 従業員の生産性

ストレスを感じることなく利用できるため、
業務の生産性を損なうことがない。

サービス・ご契約に関するご質問は、
お気軽にお問い合わせください。

facebook ツイート Linkedin ページをブックマークして共有する LINEで送る