ランサムウェア攻撃
・データ侵害ソリューション

TOP > PARTNERS > ランサムウェア攻撃・データ侵害ソリューション

ランサムウェア攻撃・データ侵害ソリューション

ダークウェブの機密情報取引を
監視し
情報漏洩を通知

ダークウェブ内でランサムウェア攻撃やデータ侵害によって漏洩した
機密情報の取引を監視し、漏洩状況を通知。
この通知により、被害が拡大する前にIDやパスワードなど
認証情報の削除・保護します。

世界で急増するランサムウェア被害
  • ダークウェブで機密情報が取引される

    ダークウェブにはパソコンネットワークの知識が豊富でハッカーのような人物が潜んでいます。サイバー犯罪グループはマルウェアを世界的に拡散し、盗み出したコンピュータの情報を取引で利用します。
    これらの情報は、ランサムウェア攻撃やデータ侵害などサイバー犯罪で利用されます。

  • 身代金要求型のマルウェア

    パソコンに保存されたデータが暗号化し、読み出せなくしたり、機能を無効化します。
    それらの制限を解除するための金銭(身代金)要求する不正プログラムをランサムウェアと呼びます。

  • 身代金を支払っても完全に復旧しない現状

    現在、世界各地でランサムウェアによる攻撃が増加しており、復旧のために身代金を支払った組織の80%が2回目の攻撃を受けています。
    身代金を支払ってもデータを完全に復旧させられる保証はありません。復旧させるために身代金を支払った組織のうち46%は一部または全部が破損しています。

サービス概要

悪用取引されている
自社の認証情報がないか監視して通知

  • 01

    ダークウェブ内の悪用取引情報を取得

  • 02

    取得情報内に自社の認証情報が含まれていないか監視

  • 03

    情報漏洩を
    検知次第通知

通知を受けたユーザーは早期段階に認証情報の削除を行う事で、
ランサムウェア、ビジネススパイ、侵入、ネットワークの乗っ取りなどの脅威から
デジタル資産を未然に保護します。

独自のサイバー犯罪
インテリジェンスデータベース

犯罪的なダークウェブからデータを取得

サイバー犯罪グループは、世界中のマルウェアキャンペーンに感染したコンピューターを利用しており、貴重なデータはこれらのマシンから抽出されます。これらの情報はあらゆる企業のネットワークアクセスを取得するために、犯罪的なダークウェブトランザクションで販売されます。
このダークウェブ内で取引されているデータを継続的に取得し、独自のサイバー犯罪インテリジェンスデータベースに情報を蓄積し、増強していきます。

独自のサイバー犯罪インテリジェンスデータベース
独自のサイバー犯罪インテリジェンスデータベース

入手困難な排他的データも取得可能

さまざまな手段や方法で取得したこのデータは一般的に入手できず、排他的なソースからのものであり、ランサムウェア攻撃やデータ侵害を実行するという明確な目的のために取引されています。

イスラエル国防軍8200部隊で
開発された技術と運用ノウハウ

通常のネットワークセキュリティでは認識不可の認証情報漏洩を発見することが可能です。
国家レベル、プロレベルの脅威に対抗します。

独自のサイバー犯罪インテリジェンスデータベース
独自のサイバー犯罪インテリジェンスデータベース

最新のデータを取得し、
データベースを増強

数百万台のダークウェブの取引情報をまとめた独自のサイバー犯罪情報データベース。
データは毎月、数万台から数十万台の侵害されたコンピュータの情報を追加します。

監視可能な情報
  • 企業の資格情報
  • 個人の資格情報
  • Cookie
  • Web履歴
  • オートコンプリート情報
  • セッションID

サービス・ご契約に関するご質問は、
お気軽にお問い合わせください。

facebook ツイート Linkedin ページをブックマークして共有する LINEで送る