KRYON SYSTEMS

LEO=インテリジェント
ロボティックプロセスオートメーション

ビジネスプロセスを迅速に、エラーを解消、コストを削減
様々な企業が複雑でルールに基づく時間の掛かるビジネスプロセスを毎日大量に実行するため、効率と生産性を高め、エラーを減らし、運用コストを削減することに挑戦しています。
ビジネスプロセスを実行するためにバックエンドプログラムを開発することや、社員の貴重な時間を費やし日常的なタスクやリスクエラーを対応させるような事が、Leoロボティックプロセスオートメーション(RPA)を利用することによって、そのタスクを自動化することが可能です。
Kryonシステムの知的なロボティックプロセスオートメーション(RPA)では、Leo(ソフトウェア)ロボットを通じてプロセスの実行を管理することで、定義可能、繰り返し可能、ルールベースのビジネスプロセスを、人間がタスクを完了したかのように自動化できます。Leoロボットは、一度導入すれば、現在のコストのほんの一部で24時間年中無休、驚くほど正確に働いてくれます。

  • 生産性を高める 1つのLeoロボットだけで無制限のプロセスが実行可能 繁忙期に大量のバックオフィスプロセスを実行してくれます。
    Leoロボットは24時間年中無休でより沢山のタスクを短時間で完了することができます。
  • 正確さを向上させる ヒューマンエラーを防止 発注から支払い、見積・請求管理、クレーム処理など、面倒でエラーを起こしやすいプロセスの負荷を軽減。
  • 運用コストを削減する 資源を最大化 日常的な単純作業で貴重な時間を減らしている、社内外の人件費を削減。

思っているより簡単に導入できます

どのアプリでもインテグレーション(統合)なし LEOは、画像認識と光学式文字認識(OCR)アルゴリズムを組み込んだKryonシステムの特許技術を使用して、人間と同じように、スクリーンを見てアプリケーションとやり取りします。
インテグレーションが不要で、LEOはあらゆるビジネスアプリ(レガシー、デスクトップ、ウェブベース、シトリックス)と連携し、アプリ間でのプロセスを実行できます。

ビジネスユーザー向けに設計 LEOはビジネスユーザーのために設計されています。プログラミングスキルは必要なく、特別なコネクタの構築もカスタムコードの開発も必要がありません。直感的なLEOスタジオにより、ビジネスユーザーや内容領域専門家(SME)はビジネスプロセスを実行するソフトウェア(ウィザード)を迅速・簡単に作成し、ビジネスルール、意思決定ポイント、またはポリシーの実行を高度なコマンドで適用できます。開発リソースへの依存を大幅に最小限に抑え、総保有コストを下げることができます。

ロボット1台で、無制限のプロセス LEO RPAは拡張性のなるソリューションです。レオロボットだけで無制限のビジネスプロセスを実行できます。定期的なタスクがある場合、LEOロボットはピーク時のスケジュールに対応でき、大幅なコスト削減と効率化を実現できます。

従来のKryonシステムの知的なロボティックプロセスオートメーションはビジネスプロセスの端から端まで完全に自動化することができます。しかし、何か決定する際に、変数データを選択や入力するなど、時々、人間の介入を必要とする場合があります。

LEOを導入すると・・・。

1. 無人自動化 Leoロボティックプロセスオートメーション(RPA)を使用すると、企業は大量かつ反復的で時間のかかるビジネスプロセスを迅速に、簡単に自動化できます。レオロボットは、即時の生産性向上と大きなROIの効果のために、現在のコストのほんの一部で24時間年中無休、驚くほど正確に働いてくれます。

2. 有人自動化 従業員は、LEOを使用してビジネスプロセスを迅速に行い、エラーを減らし、効率を向上させることができます。エンドユーザーは、LEO 有人ロボットを使用し、ビジネスプロセスについて(GPSのように)導くことができます。また、「swivel chair(スウィベルチェア)」の働きを自動化することにより、顧客と関わり合い、或いは手元のタスクに集中ができます。同時に、LEOはフォーム記入や、あるシステムから別のシステムへのデータ転送などをしてくれます。

3. ハイブリッド自動化 Kryonシステムでは、ビジネスプロセスの自動化に解決策を見つけるには、人間とロボットで組んだチームの努力が必要であることを認識しています。当社のハイブリッドアプローチは、有人自動化と無人自動化の両方の機能を1つのソリューションに統合するだけでなく、人間とロボットがエンドツーエンドのプロセスを実行しながらやり取りすることも可能です。
当社のハイブリッドアプローチは、有人自動化と無人自動化の特長を単一の答えに統合するだけでなく、人間とロボットがエンドツーエンドのプロセスを実行しながらやりとりすることも可能にします。

Learn more about LEO

  • LEOサーバー レオのセントラルリポジトリと、コンテンツストレージ、アクセス統計、レポート作成および管理に使用される管理レイヤー。
    このプラットフォームは柔軟性があり、社内やパブリッククラウドまたはプライベートクラウドに導入することができます。
  • LEOスタジオ レオのコンテンツ(ソフトウェア)の開発や編集、レポートの作成に使用されるパワフルで使いやすい環境。
    LEOスタジオは以下の高度なコマンドを適用しています。
    ・意思決定
    ・条件
    ・バックグラウンドアクション
     の実行
    ・スクリプトの実行
  • LEOロボット ターゲットアプリでLeoソフトウェアを実行する軽量デスクトッププラグイン。
    人間の代わりにマウスを移動しクリックする。
    複数のビジネスプロセスから全てのビジネスプロセスをサポート。
  • LEO管理コンソール LEOロボットのリモート設定、スケジューリング、管理を可能にするウェブベースの管理と監視ダッシュボード。
    ・LEOロボットにタスク(LEOソフトウェア)を割り当てる
    ・LEOロボットとタスクの開始・停止
    ・ロボットのリアルタイムステータス情報を提供
    ・リアルタイムの実行ステータスを提供
    ・プロセススケジューリング
    ・カスタムアラート